インジケーターパラメーター - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
このセクションではさまざまな[Indicators Settings] (インジケーター設定)ダイアログボックスに表示されるインジケーターパラメーターについて説明します。

[Bins Designer] (Binデザイナー)

可能な値 説明
[Minimal value] (最小値) 最初のBinの開始。
[Maximal value] (最大値) 最後のBinの終了。
[Number of bins] (Binの数) Binの数。

[Blank Options] (空白オプション)

可能な値 説明
[Aggregate nulls with blanks] (nullを空白に集約) 選択すると、nullデータは長さが0のテキストフィールドとしてカウントされます。つまり、nullデータは空の文字列として扱われます。選択されていない場合、nullデータは他の文字データと同様に扱われます。
Aggregate blanks (空白を集約) 選択すると、空白テキスト(例: " ")はすべて一つにまとめられ、空の文字列として扱われます。選択されていない場合、空白テキストは他の文字データと同様に扱われます。
注: Oracleでは、空の文字列とnull文字列は同じオブジェクトとして扱われます。そのため、一貫した結果を得るためには両方のチェックボックスをオンまたはオフにする必要があります。

[Data Thresholds] (データしきい値)

可能な値 説明
[Lower threshold] (下限しきい値) これより値の低いデータを除く。
[Upper threshold] (上限しきい値) これより値の高いデータを除く。

[Value Frequency Parameters] (値の頻度パラメーター)

可能な値 説明
[Number of results shown] (表示する結果数) 表示する結果の数

[Indicator Thresholds] (インジケーターしきい値)

可能な値 説明
[Lower threshold] (下限しきい値) 一致するインジケーター値の下限しきい値。
[Upper threshold] (上限しきい値) 一致するインジケーター値の上限しきい値。
[Lower threshold(%)] (下限しきい値%) 一致するインジケーター値の下限しきい値を合計行数との相対的割合で示したもの。
[Upper threshold(%)] (上限しきい値%) 一致するインジケーター値の上限しきい値を合計行数との相対的割合で示したもの。
予想値 [Advanced Statistics] (詳細統計)[Mode] (モード)インジケーターでのみ使用する。選択されたカラムで最も予想される値。

[Java Options] (Javaオプション)

可能な値 説明
[Characters to replace] (置換する文字) 置換する文字のリスト。
置換文字 置換される文字の代わりに使用する文字のリスト。
注: 1番目のフィールドの各文字は、2番目のフィールドの同じ位置にある文字によって置換されます。たとえば、1番目のフィールドの値が"abc0123ABC,;.:"で、2番目のフィールドが"aaa9999AAApppp"である場合、"a"、"b"、"c"はすべて"a"に置換され、"0"、"1"、"2"、"3"はすべて"9"に置換されます。

電話番号

可能な値 説明
[Country] (国) 電話番号の国コード(ISO2)。

[Text Parameters] (テキストパラメーター)

可能な値 説明
[Ignore case] (大文字と小文字を区別しない) 選択すると、テキストデータの比較で大文字と小文字が区別されません。

[Text Length] (テキスト長)

可能な値 説明
[Count nulls] (nullをカウントする) 選択すると、nullデータは長さが0のテキストフィールドとしてカウントされます。
[Count blanks] (空白をカウントする) 選択すると、空白テキスト(例: " ")は長さが0のテキストフィールドとしてカウントされます。