Talend Studioで利用できるキーボードショートカット - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talend Studioで利用できるキーボードショートカットは次のとおりです:

ショートカット 操作 コンテキスト
F1

[Help] (ヘルプ)タブビューにコンテキスト依存のヘルプ情報を表示します。コンポーネントの場合、[Preference] (環境設定)ダイアログボックスの[Talend] > [Components] (コンポーネント)ビューにある[Enable online help for components] (コンポーネントのオンラインヘルプを有効化)チェックボックスが選択されていると、そのヘルプ情報がTalend Help Centerに表示されます。

グローバルに適用

F2

選択されたコンポーネントの[Component] (コンポーネント)設定ビューを表示

グローバルに適用

F4

[Run Job] (ジョブの実行)ビューを表示

グローバルに適用

F6

現在のジョブを実行するか、開いているジョブがなければ[Run Job] (ジョブの実行)ビューを表示

グローバルに適用

Ctrl + F2

[Module] (モジュール)ビューを表示

グローバルに適用

Ctrl + F3

[Problems] (問題)ビューを表示

グローバルに適用

Ctrl + H

現在のジョブの[Designer] (デザイナー)ビューを表示

グローバルに適用

Ctrl + G

現在のジョブの[Code] (コード)ビューを表示

グローバルに適用

Ctrl + Shift + F3

コンポーネントをjavajetコンポーネントと同期

グローバルに適用

Ctrl + Shift + R

[Open Resource] (リソースを開く)ダイアログを開く

グローバルに適用

Ctrl + Shift + J

[Find a Job] (ジョブ検索)ダイアログを開く

グローバルに適用(Windows)

F7

[Debug] (デバッグ)モードに切り替え

[Run Job] (ジョブの実行)ビューから

F8

現在のジョブを強制終了

[Run Job] (ジョブの実行)ビューから

F5

[Repository] (リポジトリー)ビューを更新

[Repository] (リポジトリー)ビューから

Ctrl + G

初期の[Repository] (リポジトリー)ビューを復元

[Repository] (リポジトリー)ビューから

F5

モジュールのインストールステータスを更新

[Modules] (モジュール)ビューから

F5

[New Context Parameter] (新規コンテキストパラメーター)ダイアログを開いてコンテキスト変数を作成

[Components] (コンポーネント)ビューから

Ctrl + L

SQLクエリーを実行

Talendコマンド(Windows)

Ctrl + Spaceバー

グローバルおよびユーザー定義変数にアクセスします。選択したコンポーネントによって、エラーメッセージであったり行番号であったりすることがあります。

[Job] (ジョブ)または[Component] (コンポーネント)ビューの任意のコンポーネントフィールドから