編集された項目のログ情報 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

[Custom log] (カスタムログ)Talend Administration Centerオプションが選択されている場合、ユーザーは、SVNまたはGitモードで保管されている関連プロジェクトの項目で行われたすべての変更のメタ情報をログに記録するよう求められます。

Talend Administration Centerでプロジェクトが作成または変更されてから初めてそのプロジェクトにログオンする場合、そのプロジェクトに属する項目に行った変更をコミットしようとする時に毎回、[Commit changes on server] (サーバーで変更をコミット) (SVN)または[Commit changes] (変更をコミット) (Git)ウィンドウが表示され、変更をログに記録するよう求めるメッセージが表示されます。

このウィンドウは、次のエレメントで構成されています。

  • テキストボックス - コミットについて自分のコメントを入力できます。

  • [Additional logs] (追加ログ)タブ - コメントに付加されるログ情報が含まれています。

  • (SVNのみ)[Revision properties] (リビジョンプロパティ)タブ - リビジョンプロパティとその値を追加できます。

  • [Change list] (変更リスト)タブ - コミットされる実際のStudioファイルがリストされます。

編集済みの項目に情報を記録するには、[Commit changes on server] (サーバーで変更をコミット)(SVN)または[Commit changes] (変更をコミット) (Git)ウィンドウで以下のようにします:

注:

変更を行うたびにSVNまたはGitにコミットしていない場合、ウィンドウの下部に読み取り専用として追加されるログに、現在のプロジェクトに行われたすべての変更の要約が表示されます。

Gitプロジェクトの場合、ログの追加はオプションです。これによって、Gitサーバーの厳格な構文ルールが満たされるよう独自のコミットログを提供できるようになります。たとえばGitサーバーのフックを使って作業をしている時に、自動生成されたログが構文ルールに準拠しておらずコミットに失敗する恐れがある場合などです。

手順

  1. SVNまたはGitコミットログパターン規則に沿って、テキストボックスにコメントを入力します。
  2. (SVNのみ)[Revision properties] (リビジョンプロパティ)タブで[+]ボタンをクリックし、必要に応じてRevision_propertyとその値を追加します。たとえば、作成者の名前とバグIDなどです。
  3. フォームを入力したら、[Finish] (終了)をクリックします。または後でログを変更するには、[Cancel] (キャンセル)をクリックします。

タスクの結果

注: SVNまたはGitにまだコミットしていないすべての変更にログプロンプトが付加されます。そのため、操作を行うたびではなく、いくつかの操作を行った後に情報をログ記録することを選択できます。

SVNまたはGitに格納されているプロジェクトの管理やコミットログパターンの設定については、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照してください。