MDMリポジトリーのアイテムの依存項目の管理 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

MDMリポジトリー内のほとんどのアイテムは互いに密接に関連しています。リポジトリーアイテムを修正した時は必ず、その影響を受けるアイテムがあります。MDMリポジトリー内のアイテムの密接な関連は、依存項目と呼ばれています。

アイテムへの変更を保存したり、アイテムをMDMリポジトリーにインポートしたりする時に、MDMリポジトリーにおけるアイテムの依存項目の確認が有効に設定されていると、依存項目が自動的に更新されます。必要に応じて、MDMリポジトリー内のアイテムの依存項目を手動で更新することもできます。

詳細は、MDMリポジトリー内のアイテムの依存項目を手動で更新するを参照してください。

大きなプロジェクトでの処理時間を短縮するために、MDMリポジトリー内のアイテムの依存項目を確認する機能を無効にすることもできます。

詳細は、MDMリポジトリーでのアイテムの依存項目チェックの無効化を参照してください。

アイテムの依存項目に関する問題がある場合は、依存項目に関する警告やエラーメッセージがTalend Studioに表示されるため、アイテムの依存項目を容易に特定し、MDMリポジトリー内のアイテム間の関係をよりよく理解できます。

該当する警告やエラーメッセージの表示方法の詳細は、MDMリポジトリー内でアイテムの依存項目に関連する警告やエラーを表示するを参照してください。

さらに、Talend Studioでは、MDMリポジトリーアイテムをエクスポートまたはデプロイする時に、アイテムの依存項目を追加できます。

詳細は、データモデルの管理リポジトリーアイテムのMDMサーバーへのデプロイを参照してください。

Talend Studioは、アイテム間で以下の依存項目をサポートしています。

項目

依存項目

カスタムレイアウト

データモデル

データモデル

マッチングルール

データモデル

ロール

データコンテナー

データモデル

表示

データモデル

表示

プロセス

ロール

ストアドプロシージャー

ロール

トリガー

ロール

メニュー

ロール

カスタムレイアウト

ロール

データコンテナー

ロール

データモデル

ロール

表示

ロール

プロセス

プロセス

ワークフロー

プロセス

ジョブ

プロセス

データモデル

トリガー

データモデル

トリガー

ワークフロー

トリガー

ジョブ