サブジョブの並列実行の制御 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Studioでは、tParallelizeコンポーネントを使ってジョブ内のアクティブなサブジョブの並列実行を制御します。

ジョブに複数のサブジョブが含まれている時は、サブジョブのいくつかを並列に実行し、並列実行の最終段階で他のサブジョブの実行の同期が可能になります。

その操作でtParallelizeを使えば、実行対象のサブジョブをすべて制御できます。

警告: tParallelizeコンポーネントはData Integrationジョブ用にデザインされています。並列リクエスト間ではスレッドセーフではなく、メモリとCPUが大量を消費してしまうので、データサービスジョブやルートのコンテキストでは使用しないでください。並列処理が必要な場合はルートを使用してください。

図のサンプルでは、まずtParallelizeworkflow_salesworkflow_rdworkflow_financeというサブジョブを起動します。この実行が完了した後にworkflow_hrを起動します。