ADLS Databricksファイルのプロファイリング - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Profiling Talend Studioのパースペクティブから、Hiveを介してADLS Databricksファイルでカラム分析を生成できます。

DatabricksでHiveに接続するには、JDBC接続が必要です。

手順

ADLSファイルにプロファイリング分析を作成する場合は、次の操作が必要です。

  1. JDBCドライバーをダウンロードしてStudioに追加します。
  2. ADLSクラスターにJDBC接続を作成します。
  3. テーブルとカラムに、単純なインジケーターを持つカラム分析を作成します。
    注: これらのステップは次の手順に説明されています。

次のタスク

必要であれば、分析の設定を変更し、他のインジケーターを追加することもできます。また、同じHiveテーブルを使い、このADLSファイルに別の分析を作成することもできます。