テーブル分析での有効および無効な行の取得 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
WHERE句を使用したビジネスルールがインジケーターとして追加されているテーブル分析の結果に対して既製ジョブを生成できます。このジョブは有効または無効な行を再取得し、それらを出力ファイルまたはデータベースに書き込みます。

始める前に

SQLビジネスルールを使用したテーブル分析が作成されて実行されていること。

詳細は、単純なSQLビジネスルールでテーブル分析を作成するを参照してください。

手順

  1. テーブル分析を実行します。
  2. [Analysis Results] (分析結果)ビューで、分析対象カラムの名前の下の[Business Rule Indicator] (ビジネスルールインジケーター)をクリックします。

    ビジネスルールで生成されたグラフと、マッチングの結果の詳細を示すテーブルが表示されます。

  3. 結果テーブルのルールの行を右クリックして、[Generate Jobs] (ジョブの生成)を選択します。

    [Job Selector] (ジョブセレクター)ダイアログボックスが表示されます。

  4. 次を選択します。
    オプション 操作
    [generate an ELT job to get only valid rows] (有効行のみ取得するELTジョブを生成) 分析対象テーブルの有効な行を出力ファイルに書き込む抽出、ロード、変換プロセスを使用するジョブを生成します。
    [generate an ELT job to get only invalid rows] (無効行のみ取得するELTジョブを生成) 分析対象テーブルの無効な行を出力ファイルに書き込む抽出、ロード、変換プロセスを使用するジョブを生成します。
    この例では、[generate an ETL job to get only invalid rows] (無効行のみ取得するETLジョブを生成)オプションを選択します。生成されたジョブは、テーブルのすべての無効な行を出力します。無効な行は、分析で使用したビジネスルールに一致しない行です(年齢が18未満の顧客)。
  5. ダイアログボックスで、[Finish] (終了)をクリックします。
    Integration パースペクティブが生成されたジョブで開きます。

    ジョブの最初のコンポーネントのプロパティは、テーブル分析で使用されたデータベース接続に従って事前定義されています。

  6. 必要に応じて、異なる出力コンポーネントを使用してそのプロパティを定義し、異なるファイルのタイプまたはデータベースなどで無効な行を再取得することもできます。
  7. ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

タスクの結果

18才未満のすべての顧客の行が、指定された出力ファイルに書き込まれます。