RESTサービスの環境設定(Talend > ESB) - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

RESTサービスにデフォルトのエンドポイントURIとデフォルトのサービスロケーターネームスペースを設定できます。これを行うには、次の手順に従います。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順にクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. Talend >[ESB]ノードの順に展開します。
  3. [Service-REST] (サービス-REST)をクリックして、該当するビューを表示します。
    このビューで、RESTサービスにデフォルトのエンドポイントURIとデフォルトのサービスロケーターネームスペースを設定できます。
    Studioでのサービス実行時にService Locatorオプションを無視する場合は、[Ignore Service Locator for Studio testing (RUN)] (StudioテストでService Locatorを無視(実行))チェックボックスをオンにします。このオプションによって、RESTサービスをテストし、[RUN] (実行)ボタンを介してエンドポイントURLをStudio実行のコンテキストパラメーターとしてそのまま使用できるようになります。Studio以外の環境にデプロイされた場合も、同じRESTサービスがこのService Locatorを使用します。
    注: [Ignore Service Locator for Studio testing (RUN)] (StudioテストでService Locatorを無視(実行))チェックボックスは、TalendのR2020-05以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ利用できます。Studio月次アップデートの詳細は、管理者にお問い合わせください。