Javaデバッグモードでのジョブの実行 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

バグを検出するためにジョブの実行を段階的に進めるには、[Debug] (デバッグ)モードで実行します。

デバッグモードでジョブを実行する前に、ジョブフローの主なステップにブレークポイントを追加できます。これによってジョブが各ブレークポイントで自動的に停止するようになります。この方法を使うとコンポーネントとその値を個別に検証でき、必要に応じてデバッグできます。

コンポーネントにブレークポイントを追加するには、デザインワークスペースを右クリックし、コンテキストメニューで[Add breakpoint] (ブレークポイントの追加)を選択します。

ブレークが追加されたコンポーネントの横に一時停止アイコンが表示されます。

デバッグモードにアクセスするには、以下のようにします:

手順

  1. [Run] (実行)ビューをクリックしてアクセスします。
  2. [Debug Run] (デバッグ実行)タブをクリックし、デバッグ実行モードにアクセスします。
    デバッグモードに切り替えるには、[Run] (実行)パネルの[Debug Run] (デバッグ実行)タブで[Java Debug] (Javaデバッグ)ボタンをクリックします。Talend Studioのメインウィンドウがデバッグ用に再編成されます。

タスクの結果

これで、ジョブを段階的に実行し、ブレークポイントが追加済みなら、想定どおりの動作や変数値が得られているかどうか各ブレークポイントコンポーネントを調べられるようになります。