ルートでコード依存項目を設定 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

カスタムBean Jar、ルーチン、カスタムルーチンjarのいずれかにどの関数でも呼び出せるようにルートを有効にしたい場合は、ルートにコード依存項目(つまり、カスタムBean Jar、ルーチン、カスタムルーチンjar依存項目のいずれか)を設定する必要があります。

TalendのR2021-03以降のStudio月次アップデートをインストールしている場合のみ、ルートにカスタムBean jarとカスタムルーチンjar依存項目を設定できます。

カスタムBean jar、ルーチン、カスタムルーチンjarの詳細は、カスタムBean Jarを作成ルーチンとはカスタムルーチンjarを作成を参照してください。

手順

  1. TalendのR2021-03以降のStudio月次アップデートをインストールしている場合は、ルートを右クリックし、[Repository] (リポジトリー)ツリービューにあるコンテキストメニューから[Setup Codes Dependencies] (コード依存項目を設定)を選択します。インストールしていない場合は、[Setup Routine Dependencies] (ルーチン依存項目を設定)を選択します。
    • TalendのR2021-03以降のStudio月次アップデートをインストールしている場合は、[Custom Bean Jars] (カスタムBean Jar)[Custom Routine Jars] (カスタムルーチンJar)[Global Routines] (グローバルルーチン)という3つのタブを含むダイアログボックスが表示されます。対応するタブのルートにカスタムBean jar、カスタムルーチンjar、グローバルルーチン依存項目を設定できます。デフォルトでは、システムルーチンはすべてルートの依存項目として自動設定されます。
    • TalendのR2021-03以降のStudio月次アップデートをインストールしていない場合は、[User Routines] (ユーザールーチン)[System Routines] (システムルーチン)という2つのタブを含むダイアログボックスが表示されます。対応するタブのルートにユーザールーチンとシステムルーチン依存項目を設定できます。デフォルトでは、システムルーチンはすべて[System routines] (システムルーチン)タブにリスト表示されます。
  2. ルートに対応する依存項目を設定する必要があれば、タブの[+]ボタンをクリックします。
    対応するカスタムBean jar、ルーチン、カスタムルーチンjarのいずれかをすべてリスト表示するダイアログボックスが開きます。
  3. ルートに呼び出される関数を含むカスタムBean jar、ルーチン、カスタムルーチンのいずれかを1つ以上選択します。
  4. [OK]をクリックし、変更を保存してダイアログボックスを閉じます。

    カスタムBean Jar、ルーチン、カスタムルーチンjarのいずれかがルートの呼び出す関数をどれも含まない場合は、タブから選択した後に[x]ボタンをクリックして削除できます。この機能によって、エクスポートされた依存項目での冗長性を防げます。

    注: カスタムBean jar、ルーチン、カスタムルーチンjarのいずれかを右クリックし、[Impact Anlysis] (インパクト分析)機能を使えます。この機能によって、どのルートがカスタムBean jar、ルーチン、カスタムルーチンjarのいずれかを使用しており、変更による影響を受けるかが示されます。Impact Analysis (インパクト分析)の詳細は、リポジトリー項目の分析を参照してください。