遠隔データベースの設定 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talend DQ PortalTalend 7.1以降、非推奨となっています。

デフォルトでは、Talend Studioはレポートと分析を内蔵のHSQLデータベースに保存します。

ProfilingパースペクティブTalend Studioから、他のデフォルトの遠隔データベースを設定して、レポートと分析結果を保存できます。分析結果を他のユーザーと共有し、Talend DQ Portalを使用して結果をさらに活用できます。

始める前に

Talend Studio Profiling パースペクティブを選択していること。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順に選択し、[Preferences] (環境設定)ウィンドウを開きます。
  2. フィルターフィールドにReportingの最初の数文字を入力して、リストから[Reporting] (レポート)を選択して、[Reporting] (レポート)ページを開きます。
  3. [DB Type] (DBタイプ)リストから、定義するデータベースの名前を選択します。
    デフォルトでは、Studioはレポートと分析結果を内蔵のHSQLデータベースに保存します。レポートと分析結果は、HSQLデータベースに保存されている状態では共有できません。
  4. 個々の接続フィールドで、または[Url]フィールドに直接、接続パラメーターを定義します。
    [Url]フィールド内のパラメーターを変更すると、個々のフィールド内のパラメーターも自動的に変更されます。逆も同様です。
    [DB Name] (DB名)では、Talend DQ Portalのインストール時に定義したデータベース名を使用する必要があります。
    [Database] (データベース) 詳細
    MySQL [DB Name] (DB名)フィールドに対して、次を行います。
    • デフォルトのデータベース名(talend_dq)を使用します。このデータベースで、すべての分析と生成されたレポートの結果にアクセスできます。
    • データベースに存在しないデータベース名(カタログ)を入力します。Studioは新しいカタログを作成し、分析やレポートの保存に必要なテーブルすべてを生成します。
    • データベース内に存在する新しいデータベース名を入力します。このデータベースにデータマート構造がない場合は作成されます。データマート構造が既に存在していても、現在のバージョンよりも古いバージョンの場合、データマート構造は更新されます。データマート構造が既に存在していても、現在のバージョンよりも新しいバージョンの場合、そのデータマート構造は使用できません。

      名前にドット( . )が使われているデータベースも使用できます。

    • ローカルMySQLにIPV6アドレスフォーマットを使用している場合は、論理ホスト名localhostを使用してデータベース接続を設定し、これをホストファイルのIPV6ローカルアドレス[: : 1]にマッピングします。この処理を行わないと、ポータルの起動が失敗します。

    • Azure for MySQLデータベースに接続できます。

    Oracle
    • [SID][Service Name] (サービス名)、またはOCIの[Service Name] (サービス名)フィールドに既存のデータベース名を入力します。
    • [Schema] (スキーマ)フィールドに、[User] (ユーザー)フィールドで指定されたユーザーがアクセス可能なOracleスキーマを入力するか、空欄のままにしておきます。このフィールドを空欄にしておくと、定義されたユーザーのデフォルトスキーマにレポートが書き込まれます。

      スキーマの照合は大文字と小文字を区別する必要があります。区別しない場合は、カラムが分析されないままレポートに含まれない可能性があります。詳細は、Oracleドキュメンテーションを参照してください。

    PostgreSQL
    • 接続情報をデータベースに入力します。このデータベースでデータマートを作成する時に使用できるのは、デフォルトのスキーマのみです。
    • 名前にドット( . )やハイフン( - )が使われているデータベースも使用できます。
    • Azure for PostgreSQLまたはAzure SQLデータベースに接続できます。

      Azure for PostgreSQLデータベースに接続する時は、ユーザー名にusername@hostname構文を使用し、[Additional parameters] (追加パラメーター)フィールドは空のままにしておきます。

    Microsoft SQL Server
    • 接続情報をデータベースに入力します。このデータベースでデータマートを作成する時に使用できるのは、デフォルトのスキーマのみです。
    • 名前にドット( . )やハイフン( - )が使われているデータベースも使用できます。
    • Windows認証で接続するには、[User] (ユーザー)[Password] (パスワード)のフィールドを空のままにしておきます。
    • レポートと分析結果を保存するためにMicrosoft SQL Serverデータベースへの接続を作成する時、Microsoft JDBCと[JTDS open source] (JTDSオープンソース)のドライバーはどちらもサポートされます。

      Microsoft SQL Serverデータベースの接続を設定するための詳細は、一部のデータベースについて必要な知識を参照してください。

      重要: 定義されたデータベースにレポートが書き込まれるよう、指定されたユーザーに十分なシステム権限があることを確認します。

    • データベースでは大文字小文字を区別して照合してください。区別しない場合、レポートの生成に失敗することがあります。java.sql.SQLException: Invalid column name 'rep_runtime'のようなエラーが発生するおそれがあります。照合ルールについては、https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/t-sql/statements/windows-collation-name-transact-sql?view=sql-server-2017を参照してください。
  5. [DB Type] (DBタイプ)リストからHSQLを選択していない場合は、[Additional parameters] (追加パラメーター)フィールドで追加の接続プロパティを指定します。
    MySQL 8データベースに接続する時は、useSSLrequireSSLserverTimezoneプロパティを設定します。たとえば、useSSL=false&requireSSL=false&serverTimezone=UTCと入力します。
    Azure SQLデータベースに接続する時は、ssl=requireと入力します。
  6. 対応するフィールドにデータベースへのログイン情報を入力します。
  7. 必要であれば、[Export as context] (コンテキストとしてエクスポート)をクリックし、ウィザードの手順に従ってレポートフォルダーのデータマート接続とパス、およびロゴをコンテキストとしてエクスポートします。
    [Revert Context] (コンテキストから戻す)をクリックして、接続を最初の状態に切り替えることができます。
  8. 以下のいずれかを行います:
    • [Apply to report editors...] (レポートエディターに適用...)をクリックしてリストを開き、定義されたデータマートまたはコンテキスト接続に保存するレポートを選択します。
    • [Apply] (適用)をクリックしてすべての分析およびレポートの結果を定義されたベータベースに保存します。
  9. [OK]をクリックして変更を確定し、[Preferences] (環境設定)ウィンドウを閉じます。
    Talend StudioProfilingパースペクティブで作成された遠隔データベースのバージョンがTalend Studioのバージョンよりも古い場合は、ポップアップメッセージが表示されてデータベースをアップグレードするかどうか尋ねられます。