SQLビルダーの環境設定(Talend > Specific Settings) - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

Talend ESB Studioでは、SQLビルダーの環境設定を定義できます。これを行うには、次の手順に従います。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順にクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. Talend [Specific Settings] (特別設定)ノードの順に展開し、[SQL Builder] (SQLビルダー)をクリックして関連するビューを表示します。
  3. 必要に応じて、SQLビルダーの環境設定をカスタマイズするには、次のいずれかのオプションを選択します。
    • SQLクエリーのコラム名とテーブル名を引用符で囲むには、[add quotes, when you generated sql statement] (SQLステートメントの生成時に引用符を追加)チェックボックスをオンにします。

    • AS/400データベースの使用時に、標準SQLステートメントまたはシステムSQLステートメントを使用するには、[AS400 SQL generation] (AS400 SQLの生成)エリアで、[Standard SQL Statement] (標準SQLステートメント)または[System SQL Statement] (システムSQLステートメント)チェックボックスをオンにします。

    • データベースのすべてのコンポーネントでクエリーの検証を無効にするには、[Enable check queries in the database components (disable to avoid warnings for specific queries)] (DBコンポーネントのクエリーチェックを有効にする(特定のクエリーに対する警告を有効にする))チェックボックスをオンにします。