1つ以上のリポジトリーアイテムをMDMサーバーからアンデプロイする - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

デプロイ済みのアイテムをアンデプロイして、MDMサーバーから直接その情報を削除できます。

一度に1つずつアンデプロイするか、または1回の操作で複数のアイテムをまとめてアンデプロイできます。

警告: データモデルの対応するデータは、マスターストレージ、ステージングストレージおよびごみ箱内のデータレコード、およびそのログデータを含め、アンデプロイ後に失われます。

1つ以上のアイテムをアンデプロイするには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、アンデプロイするデプロイ済みのアイテムを右クリックし、[Undeploy From...] (...からアンデプロイ)をクリックします。
  2. [Select a server location definition] (サーバーロケーションの定義を選択)ダイアログボックスが表示されたら、アイテムの情報を削除するサーバーを選択し、[OK]をクリックします。
  3. 最後に、アイテムのアンデプロイに成功したことを示すダイアログボックスが表示されます。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    アイテムがサーバーにデプロイされていない状態になったため、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、1つ以上のアイテムがサーバーにデプロイ済みであることを示す情報が消えます。

タスクの結果

Talend Data Stewardshipの統合でTalend MDMを設定すると、1つ以上のマッチングルールが添付されたMDMデータモデルをアンデプロイしても、Talend Data Stewardship内にある関連するキャンペーンとData Stewardshipのデータモデルは自動的に削除されません。関連するキャンペーンとData Stewardshipのデータモデルは、必要に応じて手動で削除できます。

コマンドラインからコマンドmUnDeployItemを使用して、ジョブとワークフローを含むすべてのタイプのアイテムをMDMサーバーからアンデプロイすることもできます。これらのコマンドの使用方法の詳細は、CommandLineのヘルプを参照してください。

CommandLineの詳細は、Talend Administration CenterユーザーガイドでCommandLineに関する付録を参照してください。