影響を受けるジョブを自動的に更新する - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

[Repository] (リポジトリー)ツリービューに既に一元化されていて異なるジョブで使用されている任意の項目のパラメーターを更新すると、その変更をこれらのパラメーターを使用しているすべてのジョブに対してプロパゲートするよう促すメッセージが表示されます。

影響を受けるジョブを更新するには次の手順に従います。

手順

  1. [Modification] (変更)ダイアログボックスで[Yes] (はい)をクリックすると、システムは今行われたばかりの変更によって影響を受けるジョブがないかどうか、[Repository] (リポジトリー)ツリービューをスキャンします。
    これは1回のクリックで(開いているかどうかには関係なく)すべてのジョブに更新を自動的にプロパゲートすることを目指しています。
    [Update Detection] (更新検出)ダイアログボックスが表示され、変更されたパラメーターの影響を受けるすべてのジョブがリストされます。
  2. 更新するジョブに対応するチェックボックスをオンにし、更新しないジョブに対応するチェックボックスをオフにします。
    これらのジョブは、[Detect Dependencies] (依存項目の検出)メニューまたはツールバーのアイコンを使用して、後からいつでも更新できます。詳細は、影響を受けるジョブを手動で更新するを参照してください。
  3. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、選択したすべてのジョブを更新します。