エンティティに対する複合型エレメントの追加 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

このタスクについて

データモデルをデザインする際、完全なストラクチャーを持ち、エレメントまたはエンティティによって再利用できる複合型を定義できます。データモデルエディターの[Design] (デザイン)タブをクリックすると、データモデルで作成されたすべての複合型を[Data Model Types] (データモデルタイプ)エリアで確認できます。

複合型はそれぞれ別の複合型のベースとして使用できます。まず、すべての共通エレメントを含む上位レベルの複合型を定義できます。次に、別の複合型を定義して、上位レベルの複合型を拡張してから、順に拡張します。詳細は、データモデルの継承とポリモーフィズムをご覧ください。

複合型を作成した後は、[Data Model Types] (データモデルタイプ)エリアでアップデートでき、アップデートはエレメントを直接使用することで同期されます。

この例では、複合型AddressTypeを定義してからEUAddressTypeおよびUSAddressTypeを定義する方法について説明しています。既存のタイプAddressTypeを拡張することにより、メインのアドレスタイプからエレメントを継承しつつ、特定のエレメントを追加して米国およびEUのアドレスを入力しています。

手順

  1. データモデルエディターを開き、[Design] (デザイン)タブをクリックします。
  2. [Palette] (パレット)からComplexTypeをクリックし、[Data Model Types] (データモデルタイプ)エリアをクリックします。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. 複合型の名前を入力し、[Sequence] (シーケンス)オプションを選択して、定義する順序で住所エレメントを表示します。

    複合型の名前に、@、#、または-などの特殊文字が含まれていないことを確認します。

  4. OKをクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    新しい複合型AddressType[Data Model Types] (データモデルタイプ)エリアに表示されます。ここで、新しい複合型にエレメントを追加する必要があります。

  5. [Palette] (パレット)からTypeElementをクリックし、拡張する複合型の上部をクリックします。

    [Create Element] (エレメントの作成)ダイアログボックスが表示されます。

  6. エレメントのタイプを選択し、[Next] (次へ)をクリックします。この例では、[Simple Type] (単純型)を選択します。
  7. [Business Element Name] (ビジネスエレメント名)フィールドにエレメント名を入力し、リストからタイプを選択して、最大と最小の出現回数を設定します。

    この例では、最大と最小の出現が両方とも1に設定された[string] (文字列)タイプのエレメントLine1を追加します。

  8. [Finish] (終了)をクリックします。

    複合型AddressTypeに新しいエレメントLine1が追加されます。

  9. 手順を繰り返してLine2Cityという2つのエレメントを追加します。

次のタスク

これで、AddressTypeを拡張して、米国およびEUの住所の継承タイプを定義できるようになりました。この例では、EUAddressTypeではメインのAddressTypeを拡張して郵便番号と国を追加しており、USAddressTypeではメインのAddressTypeを拡張してZIPコードと州を追加しています。

  1. [Palette] (パレット)からComplexTypeをクリックし、[Data Model Types] (データモデルタイプ)エリアをクリックします。

    ダイアログボックスが表示されます。

  2. 複合型の名前を入力します。この例では、EUAddressTypeにします。

    複合型の名前に、@、#、または-などの特殊文字が含まれていないことを確認します。

  3. この例では、リストから拡張する複合型AddressTypeを選択します。

  4. OKをクリックします。

    AddressTypeを拡張する新しい複合型EUAddressTypeが追加されます。これで、EUAddressTypeに固有のエレメントを追加できるようになりました。

  5. [Palette] (パレット)からTypeElementをクリックし、新しいエレメントを追加する複合型の上部をクリックします。

    [Create Element] (エレメントの作成)ダイアログボックスが表示されます。

  6. 新しいエレメントの名前PostalCodeを入力し、[Built-in Type] (組み込みタイプ)のリストからstringを選択して、最大および最小の出現回数を両方とも1に設定します。

  7. [Finish] (終了)をクリックします。

  8. この手順を繰り返して、別の新しいエレメントCountryを複合型EUAddressTypeに追加します。

  9. 同じ手順に従って、既存のAddressTypeを拡張して別の複合型USAddressTypeを作成します。USAddressTypeZipCodeStateという2つの新しいエレメントを追加します。

これでエンティティにエレメントを追加する際に複合型を使用できるようになりました。

以下の例は、データモデルDStarで新しいエンティティRegionが作成されていることを前提としています。ここで複数の新しい複合型エレメントをエンティティに追加します。詳細は、グラフィカルデザイナーを使用してデータモデル内にエンティティを作成をご覧ください。

  1. [Palette] (パレット)[Element] (エレメント)をクリックし、エンティティの上部をクリックします。

    [Create Element] (エレメントの作成)ダイアログボックスが表示されます。

  2. [Complex Type] (複合型)オプションを選択し、[Next] (次へ)をクリックします。

  3. 新しいエレメントの名前を入力します。この例では、まず複合型エレメントEUAddressを追加します。

  4. リストから複合型を選択します。この例では、EUAddressTypeを選びます。

  5. [Finish] (終了)をクリックします。

    複合型EUAddressTypeの新しいエレメントEUAddressは、AddressTypeからエレメントを継承するエンティティに追加されます。

  6. 同じ手順を繰り返して、AddressTypeのエレメントを継承するエンティティに複合型USAddressTypeの別の新しいエレメントUSAddressを追加します。