コンポーネントをルートに追加 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

これでルートが作成されたので、コンポーネントをデザインワークスペースに追加する必要があります(この例では、cTimercSetBody、およびcLog)。

コンポーネントをデザインワークスペースに追加する場合は、いくつか方法があります。次の操作が可能です。

  • [Palette] (パレット)の検索フィールドに検索キーワードを入力して[Palette] (パレット)上のコンポーネントを検索し、デザインワークスペース上にドロップする。キーワードには、コンポーネントの名前の一部またはフルネームが使用できます。あるいは、名前が不明な場合は、その機能を説明する語句でも構いません。

  • コンポーネントの名前の一部またはフルネームをデザインワークスペースに直接入力することで、コンポーネントを追加する。

  • デザインワークスペース上に既に存在する入力コンポーネントからドラッグして出力コンポーネントを追加する。