条件ブレークポイントを追加 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

このタスクについて

縦に並んだタブの[Breakpoint] (ブレークポイント)では、ブレークポイントを定義し、この接続のデータ処理を監視できます。

ブレークポイントを定義するには、縦に並んだタブの[Breakpoint] (ブレークポイント)で次の設定を行います。

手順

  1. [Activate conditional breakpoint] (条件ブレークポイントを有効化)チェックボックスをオンにします。
  2. 単純なフィルタリングと詳細モードを組み合わせる場合は、[Logical operator used to combine conditions] (条件の組み合わせに使用する論理演算子) リストで論理演算子を選択します。
  3. [+]ボタンをクリックし、[Conditions] (条件)テーブルにフィルタリング条件をいくつでも追加できます。追加した条件は各行1行ずつ実行されます。条件には、選択したファンクションを実行する入力カラム、実行するファンクション、入力カラムとフィルタリングする値を組み合わせる演算子、および値が含まれています。
  4. 標準ファンクションで操作を実行できない場合は、[Use advanced mode] (詳細モードの使用)チェックボックスをオンにして、テキストフィールドに正規表現を入力します。

タスクの結果

ブレークポイントを定義したら、[Trace Debug] (トレースデバッグ)モードでジョブを実行します。[Trace Debug] (トレースデバッグ)モードによるブレークポイントの使用の詳細は、ブレークポイントの監視をご覧ください。