リポジトリー項目を分析 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talend Studioには、リポジトリー項目を使用するジョブをすべて特定し、リスト化された各ジョブのデータフローを分析できる高度な機能も備わっています。

これは次の2種類のナビゲーションを指します。1つはターゲットコンポーネントまで下降して子孫項目を発見する「インパクト分析」、もう1つはソースコンポーネントから始めて逆にさかのぼって祖先項目を発見する「データ来歴」です。この分析結果により、どこからデータが派生し、どのように変換され、どこへ行こうとしているかが決定します。また、その逆も行われます。

警告: インパクト分析やデータ来歴を実行する項目はすべて、[Joblet Designs] (ジョブレットデザイン)[Contexts] (コンテキスト)[SQL Templates] (SQLテンプレート)[Referenced project] (参照プロジェクト)[Metadata] (メタデータ)のいずれかのノードにある[Repository] (リポジトリー)ツリービューで一元管理する必要があります。