ジョブをDockerイメージとしてビルド - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

このタスクについて

[Build Job] (ジョブをビルド)ダイアログボックスで、Dockerエンジン上で実行するために、ジョブをDockerイメージとしてビルドできます。

手順

  1. 複数バージョンのジョブが作成されている場合は、[Job Version] (ジョブバージョン)エリアでビルドするジョブを選択します。
  2. [Build type] (ビルドタイプ)エリアで[Docker Image] (Dockerイメージ)を選択して、ジョブをDockerイメージとしてビルドします。
  3. 必要に応じて、コンテキストとLog4jレベルのオプションを指定します。
  4. Dockerエンジンのインストールに基づいて、[Local] (ローカル)を選択するか、リモートアドレスを指定します。
    警告: [Remote] (リモート)オプションを選択した場合は、リモートポートでDockerデーモンが開始していることを確認します。
  5. Dockerイメージ名とイメージタグを指定します。
    デフォルトでは、イメージ名はプロジェクト名とジョブ名から取得され、イメージタグはジョブのバージョンから取得されます。新しい名前とタグをここで指定するか、プロジェクト設定でデフォルト設定をグローバルにカスタマイズできます。詳細は、Dockerイメージビルドの設定をカスタマイズをご覧ください。
    警告: Dockerイメージ名には、アンダースコア文字は使用できません。したがって、Dockerイメージ名の値にアンダースコア文字が含まれていないことをご確認ください。
  6. [Finish] (終了)をクリックしてDockerイメージをビルドします。

タスクの結果

これで、ジョブがDockerイメージとしてビルドされ、Dockerエンジン上で実行できる状態になりました。