ジョブをESB用のOSGIバンドルとしてビルド - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

このタスクについて

[Build Job] (ジョブをビルド)ダイアログボックスで選択ジョブをOSGIバンドルとしてビルドし、ジョブを[Talend ESB Container] (Talend ESB Container)内にデプロイするためにビルドタイプを変更できます。

注: ESBコンポーネントを少なくとも1つ含むジョブである場合のみ、ジョブをESB用のOSGIバンドルとしてビルドできます。

手順

  1. 複数バージョンのジョブが作成されている場合、[Job Version] (ジョブバージョン)エリアでビルドするジョブのバージョン番号を選択します。
  2. [Build type] (ビルドタイプ)エリアで[OSGI Bundle For ESB] (ESB用OSGIバンドル)を選択して、ジョブをOSGIバンドルとしてビルドします。
    ビルドの拡張子は、Talend ESB Containerで予想されているように、自動的に.jarに変更されます。
  3. ビルドされたジョブを再ビルドしてMaven型のJARにする場合には、[Options] (オプション)エリアの[Add maven script] (Mavenスクリプトを追加)チェックボックスをオンにして、必要なMavenスクリプトをターゲットアーカイブに含めます。この場合のスクリプトは.zipファイルです。
  4. [Browse...] (参照...)ボタンをクリックしてジョブをビルドするフォルダーを指定します。
  5. [Finish] (終了)をクリックしてジョブをビルドします。