LDAP接続メタデータの一元管理 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

LDAPディレクトリーに頻繁にアクセスする必要がある場合は、LDAPサーバー接続を[Repository] (リポジトリー)ツリービューで一元化することで、簡単に再利用できます。

LDAP接続は、アクセス可能なLDAPディレクトリーから作成したり、ジョブに定義済みのLDAP設定を保存することで作成できます。

LDAP接続をアクセス可能なLDAPディレクトリーから作成するには、まず[Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開します。次に[LDAP]ツリーノードを右クリックして、コンテキストメニューから[Create LDAP schema] (LDAPスキーマの作成)を選択し、[Create new LDAP schema] (新規LDAPスキーマを作成)ウィザードを開きます。

ジョブで定義したLDAP接続とスキーマを一元化するには、該当するコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビュー[Property Type] (プロパティタイプ)[Built-In] (組み込み)に設定で、アイコンをクリックし[Create new LDAP schema] (新規LDAPスキーマを作成)ウィザードを開きます。

データベース接続ウィザードとは異なり、LDAPウィザードでは5ステップのプロシージャーでLDAPサーバー接続とスキーマ定義が収集されます。

これで、ファイル接続またはそのスキーマを[Repository] (リポジトリー)ツリービューでドラッグして、新規のコンポーネントとしてデザインワークスペースにドロップするか、既存のコンポーネントにドロップしてメタデータを再利用できるようになりました。

既存のファイル接続を変更するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで接続を右クリックし、[Edit LDAP schema] (LDAPスキーマの編集)を選択して、ファイルメタデータセットアップウィザードを開きます。

既存のファイル接続に新規スキーマを追加するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで接続を右クリックし、コンテキストメニューから[Retrieve Schema] (スキーマ情報を取得)を選択します。

既存のファイルスキーマを編集するには、[Repository] (リポジトリー) ツリービューでスキーマを右クリックし、コンテキストメニューから[Edit Schema] (スキーマを編集)を選択します。