SASメタデータを一元管理(非推奨) - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13

リモートSASシステムに頻繁に接続する必要がある場合、[Repository] (リポジトリー)で接続情報を一元管理できます。

[Repository] (リポジトリー)でSAS接続のメタデータ情報を一元管理するには、主に2つのタスクを実行する必要があります:

  1. SAS接続のセットアップ

  2. データベーススキーマの取得

前提条件:

  • Talend Studioではソースまたはターゲットに接続するため、特定の他社Javaライブラリーまたはデータベースドライバー(.jarファイル)をインストールを必要する必要があります。ライセンスの制約により、Talendから特定のライブラリーやドライバーを直接提供できない場合があります。その場合、以降のセクションで紹介する接続ウィザードに情報が表示されるため、必要なライブラリーまたはドライバーを見つけてインストールできます。

  • 以下のプロシージャーでSAS接続を設定する前に、SASサーバーからメタデータを取得し、XML形式でエクスポートしておく必要があります。