カスタムルーチンJARを作成 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

Talend Studioでは、TalendのR2021-03以降のStudioマンスリーアップデートをインストールしている場合、ジョブとジョブレットでカスタムルーチンjarを作成し、カスタムルーチンjar依存項目を設定できます。

カスタムルーチンjarでは、複数のユーザールーチンを依存項目ごと単一アーカイブにパッケージできます。ジョブとジョブレットにカスタムルーチン依存項目を設定すると、ジョブとジョブレットのコード依存項目がより明示的になり、依存項目の競合を防げます。

このタスクについて

カスタムルーチンJarを作成するには:

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Code] (コード) > [Custom Routine Jars] (カスタムルーチンJar)を右クリックして、コンテキストメニューから[Create Routine Jar] (Beanルーチンを作成)を選択します。
    [New Routine Jar] (新規ルーチンJar)ダイアログボックスが表示されます。
  2. [Name] (名前)[Purpose] (目的)(オプション)、[Description] (説明)(オプション)などの一般的なプロパティを入力します。
    [Description] (説明)フィールドに入力した情報は、[Repository] (リポジトリー)ツリービュー内のカスタムルーチンjarにマウスポインターを移動するとツールチップとして表示されます。
  3. [Finish] (終了)をクリックし、新しいカスタムルーチンjarを保存します。
    新しく追加されたカスタムルーチンJarは[Custom Routine Jars] (カスタムルーチンJar)ノードの下に表示されます。

    新しいカスタムルーチンjarを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Routine] (ルーチンを作成)を選択すると、内部ルーチンを作成してそれらを新しいカスタムルーチンjar内に追加できます。詳細は、ユーザールーチンを作成をご覧ください。

    R2021-03のStudioマンスリーアップデートがインストール済みの場合は、グローバルユーザールーチンを右クリックし、コンテキストメニューから[Assign Routine to...] (タスクの割り当て先...)を選択すると、新しいカスタムルーチンjar内にどの既存のグローバルユーザールーチンでも追加できます。

    警告: グローバルユーザールーチンは、カスタムルーチンjarに割り当てられると、内部ルーチンになり、元に戻せなくなります。

    TalendのR2021-04以降のStudioマンスリーアップデートがインストール済みの場合は、グローバルユーザールーチンを右クリックし、コンテキストメニューから[Copy Routine to...] (タスクのコピー先...)を選択すると、新しいカスタムルーチンjar内にどの既存のグローバルユーザールーチンでも追加できます。

    注: グローバルユーザールーチンはカスタムルーチンjar内にコピーされた後も、グローバルとして保持されます。