.barファイルとしてエクスポートされたBPMプロセスからRESTサービスを作成 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2023-09-13
対象製品...

Data Fabric

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

このタスクについて

[Create Service From BPM Process] (BPMプロセスからサービスを作成)ウィザードの[From .BAR File] (.BARファイルから)オプションを選択し、以下のようにします:

手順

  1. システムでサービスの作成元となるプロセスが含まれる.barファイルを参照します。
  2. [Next] (次へ)をクリックして、サービスに含めるフィールドを選択します。
  3. BPMプロセスで定義された変数に対応するすべてのフィールドはデフォルトで選択されています。必要に応じて、フィールドの[Name] (名前)のチェックボックスをオフにして、次のオプションの中の1つを[Non-request Field Type] (非要求フィールドタイプ)リストのフィールドから選択します。
    • [Custom] (カスタム): このフィールドは空の値のままにしておきます。必要に応じて、生成されたジョブの最初のtXMLMapコンポーネントの出力テーブルにあるこのフィールドに対応するカラムにカスタム値またはカスタム式を指定し、サービスを開始するジョブを実行する前にBPMプロセスにカスタム情報を渡すことができます。これは非要求フィールドへのデフォルトのオプションです。

    • [Security Token] (セキュリティトークン): サービス要求にセキュリティトークンがある場合、このフィールドを使ってBPMプロセスに受け渡します。

    • [Correlation ID] (コリレーションID): サービス要求にコリレーションIDがある場合、このフィールドを使ってBPMプロセスに受け渡します。

  4. [REST Service] (RESTサービス)オプションを選択し、必要に応じてREST設定を編集します。

    フィールド

    説明

    [Endpoint] (エンドポイント)

    要求に対してRESTサービスが利用可能なURIの場所。

    [URI-Pattern] (URIパターン)

    リソースを記述するRESTサービスが集められているURI。

    ジョブ

    作成されるジョブの名前。

  5. [Finish] (終了)をクリックします。関連するジョブおよびメタデータが[Repository] (リポジトリー)ツリービューに作成され、ジョブがデザインワークスペース上に自動的に開かれます。

タスクの結果

これで次の操作が可能になります。