ストアドプロシージャーの作成 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

始める前に

  • MDMサーバーが既に起動されていることを確認します。

  • Talend StudioからMDMサーバーに接続されており、

  • ストアドプロシージャーを作成できる適切なユーザー認証を持っていること。

このタスクについて

ストアドプロシージャーを作成するには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで[Stored Procedure] (ストアドプロシージャー)を右クリックして、コンテキストメニューから[New] (新規)を選択します。
    [New Stored Procedure] (新規ストアドプロシージャー)ダイアログボックスが表示されます。
  2. 新しいストアドプロシージャーの名前を入力し、OKをクリックします。
    新しく作成されたストアドプロシージャーがワークスペースに開きます。
  3. 新しいストアドプロシージャーの説明を[Description] (説明)フィールドに入力します。
  4. 特定のエンティティに含まれているデータレコードを処理するには、[Procedure] (プロシージャー)エリアに構文を入力します。
    警告: ストアドプロシージャーは、MDM Hubに保存されているデータの基盤となるストレージがネイティブに理解できる構文を持っている必要があります。MDMデータの保存にRDBMSを使用している場合、クエリーはSQLを使用し、ストアドプロシージャーの各結果は次の構文を持っている必要があります: <result><col0>val1</col1>...<colN>valn</colN></result> (colNはSELECT句内のnthカラム)。
  5. ストアドプロシージャーの実行後にキャッシュを更新するには、[Refresh the cache after execution] (実行後にキャッシュを更新)チェックボックスをオンにします。
    これが必要なのは、ストアドプロシージャーはデータベースレベルで直接実行される挿入/アップデート/置換アクションを行う場合があるためです。キャッシュが原因で、変更を反映できない場合があります。
  6. Ctrl + Sキーを押してプロシージャーを保存します。
  7. 必要に応じてストアドプロシージャーをテストします。それには、ストアドプロシージャーエディターの[Execute Procedure] (プロシージャーの実行)セクションで、クエリー実行のベースとするデータレコードが保存されているデータコンテナーを選択し、[Execute Procedure] (プロシージャーの実行)をクリックしてプロシージャーを実行しす。
    この例では、Priceが10よりも大きいレコードにPriceDescriptionを返します。
    警告: ストアドプロシージャーの実行結果として返されるデータレコードにnull値が存在する場合は、返されたデータレコードのカラム番号とこのカラムの値の間に不整合が生じます。