Oracleでカラムのプロファイリングを行う際の日付処理 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

パターン頻度統計を使用してOracleデータベースの日付タイプのカラムについてプロファイリングを行う時に、カラム分析の結果はSQLエンジンで99-AAA-99となり、予想の9999-99-99 99:99:99.9とは異なります。Javaエンジンで分析を実行すると、結果は9999-99-99 99:99:99.9となります。

Oracleでは、日付は数字として保存されます。Talendはパターン頻度統計でCastファンクションを使用します。SQLエンジンで分析を実行すると、クエリーは日付型をテキストタイプにキャストし、元の日付形式は 9999-99-99 99:99:99から99-AAA-99に変更されます。

日付カラムではすべての日付が日付オブジェクトであるため、日付は常に、Oracleでは単一の形式(99-AAA-99)で表示され、Oracle以外およびSQL以外の場合は別の単一の形式(9999-99-99 99:99:99.9など)で表示されます。このため、このインジケーターを使用する場合にデータクオリティの問題は見られません。したがって、データベースの日付タイプカラムにパターン頻度統計を使用することはお勧めできません。