テーブルでプライマリキーと外部キーが一致するよう分析を定義 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Data Profiling] (データプロファイリング)フォルダーを展開します。
  2. [Analyses] (分析)フォルダーを右クリックし、[New Analysis] (新しい分析)を選択します。
    [Create New Analysis] (新しい分析を作成)ウィザードが開きます。
  3. フィルターフィールドで、redundancy analysisの最初の数文字を入力して、[Redundancy Analysis] (冗長性分析)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  4. [Name] (名前)フィールドに、現在の分析の名前を入力します。
    重要:

    ~ ! ` # ^ * & \\ / ? : ; \ , . ( ) ¥ ' " " " < > といった特殊文字は項目名に使用しないでください。

    ファイルシステムでは、これらの文字はすべて"_"に置き換えられ、重複する項目が作成されてしまう場合があります。

  5. 該当するフィールドで、分析メタデータ(目的、説明、作成者)を設定して[Finish] (終了)をクリックします。
    新規作成された分析用のファイルが、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービュー内の[Analysis] (分析)フォルダーの下にリスト表示されます。定義された分析メタデータと共に分析エディターが開きます。