出力スキーマおよびマッピングを定義 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

出力スキーマおよびマッピングを定義するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Output mapping] (出力マッピング)タブをクリックし、出力スキーマを定義してパラメーターを設定します。
  2. 左側のテーブルで[parameter] (パラメーター)行を選択し、[+]ボタンをクリックしてパラメーターを追加します。
    [ParameterTree] (パラメーターツリー)ダイアログボックスが開きます。
  3. パラメーターを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    追加したパラメーター(この例ではGetCountryByCountryCodeResult)が新しい行に表示されます。
  4. 右側のテーブルで[...]をクリックし、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開きます。
  5. 出力スキーマを定義します。
    この例のスキーマのカラムは[Result] (結果)のみです。
  6. [OK]をクリックし、この追加を確認してダイアログボックスを閉じます。
  7. 出力パラメーター - スキーママッピングを作成します。
    この例では、左側のテーブルからparameters.GetCountryByCountyCodeResult行を右側のResult]カラムにドロップします。
  8. [Next] (次へ)をクリックし、スキーマを確定します。