プロキシサーバーで基本認証を使ってTalend Administration Centerとの接続を有効化 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

プロキシサーバーで基本認証を使ってリモートプロジェクトの作業をしている場合は、Talend Studioで特定の設定を行い、Talend Administration Centerとのセキュアな接続を有効にする必要があります。

このトピックでは、HTTPとHTTPSの両方のプロキシサーバーの設定が提供されています。使用するプロキシサーバーのタイプに応じた選択が可能です。

SSLを使ったTalend Administration Centerとのセキュアな接続詳しい設定方法は、ルート認証局の証明書チェーンを設定Talend StudioTalend Administration Centerの間に双方向のセキュアな接続を設定する方法をご覧ください。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)とクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. [Preferences] (環境設定)ダイアログボックスのツリービューで[General] (一般設定) > [Network Connections] (ネットワーク接続)を展開し、該当するビューを表示させます。
  3. プロキシ設定を指定します。
    または、Talend CommandLineを使用している場合は、Talend Studioインストールディレクトリーの下にある.iniファイルに次の行を追加すればプロキシを設定できます。
    -Dhttp.proxySet=true
    -Dhttp.proxyHost=<proxy_server_host>
    -Dhttp.proxyPort=<proxy_server_port>
    -Dhttp.nonProxyHosts=localhost
    -Dhttp.proxyUser=<proxy_server_user>
    -Dhttp.proxyPassword=<proxy_server_password>
    -Dhttps.proxyHost=<proxy_server_host>
    -Dhttps.proxyPort=<proxy_server_port>
    -Dhttps.proxyUser=<proxy_server_user>
    -Dhttps.proxyPassword=<proxy_server_password>
  4. .gitconfigファイルを以下のようにアップデートします:
    git config --global http.proxy http://<git_username>:<git_password>@<proxy_server_host>
    git config --global https.proxy http://<git_username>:<git_password>@<proxy_server_host>

タスクの結果

Talend Studioを再起動すると、プロキシサーバーで基本認証を使ってTalend Administration Centerに接続できるようになります。