プロンプトが表示された時のコミットされていない項目の処理(Gitのみ) - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

ローカルモードでGitプロジェクトの作業中に、プルまたはプッシュの操作を行うか、関連付けられたリモートブランチに切り替えると、次の場合にダイアログボックスが表示されます。

  • [Commit mode] (コミットモード)[Unlocked Items] (ロックされていないアイテム)に設定され、[Lock mode] (ロックモード)[Manual] (手動)に設定されている時に、プロジェクト項目に変更を行ったTalend Administration Center

  • Talend Studioでの[Commit mode] (コミットモード)[Lock mode] (ロックモード)の設定に関係なく、Talend Administration Centerのプロジェクトフォルダーにファイルを手動で追加した。

  • 何らかの理由で、ローカルGitリポジトリーにコミットされていない変更のある項目が見つかった。

次の操作が可能です。

  • [log] (ログ)を展開し、コミットされていないファイルを表示する。

  • [Commit] (コミット)をクリックし、ローカルGitリポジトリーにファイルをコミットして、現在の操作を続行する。

  • [Reset] (リセット)をクリックし、変更を中止し、現在の操作を続行する。

  • [Cancel] (キャンセル)をクリックし、コミットされていないファイルをコミットも削除もせずに、現在の操作をキャンセルする。