組み込みJRXMLテンプレートをインポートする - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

テンプレートを最初から作成する代わりに、プラットフォームで事前定義されているすべてのデフォルトのJRXMLファイルをStudioにインポートできます。

始める前に

Profilingパースペクティブを選択済みであること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー) ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー)を展開します。
  2. [JRXML Template] (JRXMLテンプレート)を右クリックして[Import Built-in JRXML] (組み込みJRXMLのインポート)を選択します。

タスクの結果

組み込みテンプレートは[JRXML Template] (JRXMLテンプレート)の下のいくつかのフォルダーに表示されます。