アーカイブファイルからユーザー定義インジケーターをインポート - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Studioのツールバーにある[Import Item] (項目をインポート)オプションを使って、アーカイブファイルにローカルに保存されているユーザー定義インジケーターをインポートして自分の分析で使用できます。インジケーターをインポートする方法について詳しくは、データプロファイリング項目またはプロジェクトのインポートをご覧ください。

ツリービューで、インポートされたインジケーター名の横に警告アイコン が表示される場合、それが正しくないことを表しています。インジケーターを開いて、正しくない原因を確認する必要があります。