Talend Exchangeから特定のデータモデルに使用するxsdスキーマをインポート(非推奨) - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Talend ExchangeからローカルのMDMリポジトリーにインポートすることにより、Talend StudioからTalendコミュニティMDMデータオブジェクト(データモデル)またはデータオブジェクトの一部(データモデルに再利用できるシンプルまたは複合型)を共有できます。

このタスクについて

データオブジェクトまたはその一部をTalend ExchangeからローカルのMDMリポジトリーにインポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで[Data Model] (データモデル)を展開し、リスト内の任意のデータモデルをダブルクリックします。
    データモデルエディターが表示されます。
  2. をクリックして[Import xsd schema module] (xsdスキーマモジュールのインポート)ダイアログボックスを表示します。
  3. [Import xsd schema from exchange server] (エクスチェンジサーバーからxsdスキーマをインポート)をクリックします。
    [Import from Talend Exchange modules] (Talend Exchangeモジュールからインポート)ダイアログボックスが開き、Talend Exchangeにアップロードされているすべてのデータモデルがリスト表示されます。
  4. 現在のMDMリポジトリーにインポートするデータモデルをリストから選択し、[OK]をクリックします。
    インポートされたxsdスキーマモジュールが、[Import from Talend Exchange modules] (Talend Exchangeモジュールからインポート)ダイアログボックスにリスト表示されます。
    注: 必要に応じてURLをダブルクリックし、Talend Exchangeで選択したデータモデルページを開き、データモデルに関する詳細情報を表示します。
    注: 任意のデータモデルをリストから削除するには、データモデルを選択し、[Delete xsd modules] (xsdモジュールの削除)をクリックします。
  5. [OK]をクリックしてインポートオペレーションを確定し、ダイアログボックスを閉じます。