[Main] (メイン) - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

最も一般的に使用されるタイプの行接続です。データフローを1つのコンポーネントから他のコンポーネントに渡し、各行で反復し、コンポーネントプロパティ設定(スキーマ)に基づいて入力データを読み取ります。

メイン行で転送されるデータは、入力ファイルのデータストラクチャーを説明するスキーマ定義によって特徴付けられます。

注:

[Row] (行)> [Main] (メイン)接続を使って2つの入力コンポーネントを接続することはできません。受信可能な[Row] (行)接続は1つのコンポーネントにつき1つのみです。メイン[Row] (行)接続を使って同じターゲットコンポーネントを2回リンクすることはできません。2番目の[Row] (行)接続は[Lookup] (ルックアップ)と呼ばれます。

メイン接続を使って2つのコンポーネントを接続するには、入力コンポーネントを右クリックし、接続リストで[Row] (行) > [Main] (メイン)を選択します。

または、コンポーネントをクリックしてハイライトし、それを右クリックするか、その横に表示される矢印アイコンをクリックし、カーソルをデスティネーションコンポーネントにドラッグします。これにより、[Row] (行) > [Main] (メイン)タイプの接続が自動的に作成されます。

複数の[Row] (行)接続の使用については、[Multiple Input/Output] (複数入力/出力)をご覧ください。