メインテーブルとルックアップテーブルのコンテンツ - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

[Input] (入力)テーブルの順序は非常に重要です。

[Main Row] (メイン行)接続により[Main] (メイン)フローテーブルのコンテンツが決定されます。この入力フローは、[Map Editor] (マップエディター)の入力パネルの最初のテーブルに反映されます。

ルックアップ接続のコンテンツは、[Main] (メイン)フローテーブルの下に表示される他のすべての(二次または従属)テーブルに入力されます。入力コンポーネントのスキーマを定義していない場合、入力テーブルは入力エリア内に表示されません。

この入力コンポーネントの定義済みスキーマからキーも取得されます。[Key] (キー)は適切な入力スキーマで定義したキーに対応しています。このキーは[Map Editor] (マップエディター)内で内部的に使用され、違う色で表示されるハッシュキーとは区別する必要があります。