テストケースを管理 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

ジョブに必要なテストケースをいくつでも作成し、通常のジョブと同様に管理できます。

[Repository] (リポジトリー)ツリービューから、以下を行うことができます。

  • ジョブを選択し、そのすべてのテストケースを[Test Cases] (テストケース)ビューに表示する。

  • ジョブを展開し、必要なテストケースを選択して、[Test Cases] (テストケース)ビューに表示する。

  • ジョブを展開し、必要なテストケースをダブルクリックし、デザインワークスペース内に開きます。

  • ジョブを展開し、必要なテストケースを右クリックして開き、実行し、読み取り専用のコピーを開き、名前を変更、または削除します。

テストケースのあるジョブについては、以下のとおりです。

  • ジョブをインポートする時は、そのテストケースの1つ以上をジョブと共に選択的にインポートできます。ただし、作成の目的だったジョブをエクスポートせずにテストケースのみをエクスポートすることはできません。

  • テストケースのあるジョブをビルドする時は、ジョブビルドプロセスで、そのジョブのために作成したテストケースを実行するかどうかを選ぶことができます。

  • 共同作業の場合は、作成の目的だったジョブとは無関係にテストケースをロックおよびロック解除できます。

ジョブのインポート、エクスポート、ビルドの詳細は、項目をインポートまたはエクスポート、およびルートとジョブをビルドをご覧ください。プロジェクト項目の共同作業については、プロジェクト項目で共同作業をご覧ください。