接続パラメーターを命名する - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

このタスクについて

Studioで接続パラメータ値を定義しない場合、アーティファクトが[Connections] (接続)ではなく[Talend Cloud Management Console]Talendクラウド管理コンソールに公開された後、タスク作成ウィザードの[Advanced parameters] (詳細パラメータ) セクションにパラメーターが表示されます。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューでContexts (コンテキスト)ノードの下の接続パラメーターをconnection_<application_name>_<parameter_name>という形式で定義します。
    connection_ 固定のプレフィックス
    <application_name> 接続先のシステム名の変数
    <parameter_name> 接続パラメーターの名前の変数

    単一語のパラメーター名には小文字を使用し、複数語のパラメーター名にはcamelCaseを使用して単語をアンダースコア(_)で区切ります。

    詳細は、接続パラメーターの設定をご覧ください。
  2. アーティファクトとコンテキストパラメーターをクラウドに公開します。
    パラメーターフィールドは、タスクのテストまたは実行時にWebユーザーが接続するシステムをランタイムで選択する際に、プロンプト画面で表示されます。アーティファクトで接続パラメーターを定義していない場合、
    事前定義され、デフォルトでサポートされているすべてのコンテキスト接続は、命名規則に従います。リストについては、サポートされる接続をご覧ください。