ファイルの解析 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

このタスクについて

ウィザードのこのステップでは、ファイルのさまざまな設定を定義でき、適切なファイルスキーマを取得できます。

手順

  1. Excelファイルに基づいてエンコーディング、数値の区切り文字の詳細を設定し、ヘッダーもしくはフッターの場合に省略する行を指定します。
  2. 必要に応じて、[First column] (最初のカラム)および[Last column] (最後のカラム)フィールドに整数を入力し、ファイルの読み込むカラムを正確に指定します。たとえば、適切な処理対象データがないため1番目のカラムをスキップする場合は、[First column] (最初のカラム)フィールドに2と入力して、ファイルの2番目のカラムをスキーマの1番目のカラムとして設定します。
    Excelファイルのスキーマを取得するために、特に大きなファイルをアップロードした場合を含め、ファイルのすべての行を解析する必要はありません。解析する行数を制限するには、[Limit Of Rows] (行の制限)エリアで[Limit] (制限)チェックボックスをオンにし、希望する行数を設定または選択します。
  3. Excelファイルにヘッダー行が含まれる場合は、[Set heading row as column names] (先頭行をカラム名に設定)チェックボックスをオンにしてヘッダーを設定します。[Refresh] (更新)をクリックして、すべての変更を適用した結果をプレビューテーブルに表示します。
  4. [Next] (次へ)をクリックして、続行します。