データのプレビュー - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

tMapコンポーネントでは、ジョブ実行中にデータ処理を監視できる[Run] (実行)ビューの[Traces Debug] (トレースデバッグ)モードのようなエディター機能が提供されています。これにより、tMapコンポーネントを設定しつつ、実行前にデータのマッピングおよび処理を監視することが可能になります。

tMapの設定時にデータのマッピングおよび処理をプレビューするには、次の手順に従います。

  1. [Run] (実行)ビューで[Traces Debug] (トレースデバッグ)モードを有効にします。[Traces Debug] (トレースデバッグ)実行モードとそれを有効にする方法の詳細は、トレースデバッグモードでジョブを実行をご覧ください。

  2. デザインワークスペースでtMapをダブルクリックしてエディターを開きます。

    メイン入力テーブルおよび出力テーブルに表示される新しい[Preview] (プレビュー)カラムで処理されるデータのプレビューが示され、新しいツールバーが[Map Editor] (マップエディター)の左上に表示されます。

データ処理を行ごと、またはブレークポイントで監視するには、次の手順に従います。

[Previous Row] (前の行)ボタンをクリックして、最大5行まで前の行のデータプレビューを表示します。

[Next Row] (次の行)ボタンをクリックして、次の行のデータプレビューを表示します。

[Next Breakpoint] (次のブレークポイント)ボタンをクリックして、次のブレークポイントのデータプレビューを表示します。

注: ブレークポイントでデータ処理を監視するには、関連するリンクでブレークポイントを定義しておく必要があります。この場合、デザインワークスペースで関連するリンクを右クリックして、ポップアップメニューで[Show Breakpoint Setup] (ブレークポイントセットアップの表示)を選択し、[Activate conditional breakpoint] (条件付きブレークポイントの有効化)チェックボックスをオンにして、テーブルの[Conditions] (条件)を設定します。[Traces Debug] (トレースデバッグ)モードにアクセスすると、[pause] (ポーズ)アイコンがリンクの下に表示されます。

[Kill] (強制終了)ボタンをクリックして、データ処理を停止します。

[Map Editor] (マップエディター)のデータプレビューを無効にするには、次の手順に従います。

  1. OKをクリックして、[Map Editor] (マップエディター)を閉じます。

  2. [Run] (実行)ビューに戻り、[Basic Run] (基本実行)タブをクリックします。

  3. デザインワークスペース上でtMapをダブルクリックして[Map Editor] (マップエディター)を開きます。