ESB Dockerイメージ用のマイクロサービス(Spring-Boot)としてルートまたはデータサービスジョブを公開 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Talend Studioでは、ルートとデータサービスジョブをDockerレジストリーに公開できます。

手順

  1. マイクロサービスDockerイメージとしてビルドするルートまたはジョブをデザインワークスペース内に開きます。[Job] (ジョブ)タブの[Deployment] (デプロイメント)ビューで、[Build Type] (ビルドタイプ)リストから、ルートにはRouteMicroservice、ジョブには[Microservice for ESB] (ESB用のマイクロサービス)を選択します。ルートまたはジョブを保存します。
  2. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、Dockerレジストリーに公開するルートまたはジョブの項目を選択します。
  3. それを右クリックして、メニュー内の[Publish] (公開)を選択します。
  4. [Publish] (公開)ウィザードで、エクスポートタイプに[Docker Image] (Dockerイメージ)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  5. ルートまたはジョブで使用するデフォルトコンテキストのみをエクスポートするには、[Only export the default context] (デフォルトコンテキストのみをエクスポート)オプションを選択します。
  6. [Enable Prometheus metrics endpoint] (Prometheusメトリクスエンドポイントを有効化)チェックボックスをオンにしてPrometheusメトリクスエンドポイントをマイクロサービスに構築し、ルートの実行、JVMメモリ、CPU消費量などを監視します。デフォルトでは、この機能はすべてのJMX属性と値をPrometheusにブリッジします。Prometheusの詳細は、Prometheusのドキュメンテーションをご覧ください。
    注:
    • このオプションはルートにのみ適用されます。
    • このオプションは、Talendが提供するR2020-08以降のStudioマンスリーアップデートをインストールしている場合にのみ使用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。
  7. Dockerエンジンのインストールに基づいて、[Local] (ローカル)を選択するか、またはリモートアドレスを指定します。
    警告: [Remote] (リモート)オプションを選択した場合は、リモートポートでDockerデーモンが開始していることを確認します。
  8. Dockerイメージ名とイメージタグを指定します。
    デフォルトでは、イメージ名はプロジェクト名とルートまたはジョブの名前から取得され、イメージタグはルートまたはジョブのバージョンから取得されます。新しい名前とタグをここで指定するか、プロジェクト設定でデフォルト設定をグローバルにカスタマイズできます。詳細は、Dockerイメージビルドの設定をカスタマイズをご覧ください。
    警告: Dockerイメージ名には、アンダースコア文字は使用できません。したがって、Dockerイメージ名の値にアンダースコア文字が含まれていないことをご確認ください。
  9. ユーザー名とパスワードを指定します。
  10. [Finish] (終了)をクリックして、指定したDockerレジストリーへのDockerイメージの公開を開始します。