一致した行および一致しない行を再取得 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

カラムのセットの分析にパターンを追加すると(単純なテーブル分析)、結果グラフには、1つのみでなく使用されたすべてのパターンをすべてのカラムでマッチングして、その値の割合が表示されます。

カラムのセットの分析を実行した後、一致する行/一致しない行を再取得する既製ジョブを生成し、それらを出力ファイルまたはデータベースに書き込むことができます。

始める前に

Profilingパースペクティブで、パターンを使用するカラムのセットの分析が作成および実行されていること。詳細は、パターンを使ってカラムセット分析を作成をご覧ください。

手順

  1. カラム分析を実行します。
  2. [Analysis Results] (分析結果)ビューで[All Match] (すべて一致)をクリックし、該当するビューを開きます。
    生成されたグラフは、使用されたパターンの総計を表す単一棒グラフとなります。このグラフには、"すべて"のパターンに一致する行と一致しない行の数が表示され、一致した結果の詳細を示すテーブルも一緒に表示されます。
  3. [All Match] (すべて一致)テーブルでパターンの行を右クリックして、[Generate an ETL Job to handle rows] (行を処理するETLジョブを生成)を選択します。生成されたジョブでIntegrationパースペクティブが開きます。
    このジョブは抽出、変換、ロードプロセスを使用して、2つの個別の出力ファイルに、"すべて"のパターンと一致する/一致しない分析済みカラムの有効/無効な行を書き込みます。
  4. 必要に応じて、異なる出力コンポーネントを使用して、異なるファイルのタイプまたはデータベースで有効/無効な行を再取得します。
  5. ジョブを保存し、F6を押して実行します。分析済みカラムの有効および無効な行が、指定された出力ファイルに書き込まれます。