既存のメッセージを再利用する - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

このタスクについて

入力、出力、またはエラーエレメントに既存のメッセージを再利用するには、次の手順に従います。

手順

  1. デザインワークスペースで、入力、出力、またはエラーエレメントを右クリックして、[Set Message] (メッセージの設定) > [Existing Message] (既存のメッセージ)とクリックします。
  2. [Specify Message] (メッセージの指定)ウィザードが表示されます。[Name] (名前)フィールドにリストをフィルター処理するための検索文字列を入力します。[Components] (コンポーネント)エリアで使用可能なすべてのメッセージを表示する場合は、フィールドを空白のままにします。
  3. リストのスコープを変更するには、以下のオプションのいずれかを選択します。
    • [Workspace] (ワークスペース): ワークスペースで使用可能なメッセージをリスト表示します。

    • [Enclosing Project] (ファイルを含むプロジェクト): ファイルが含まれるプロジェクトで使用できるメッセージをリスト表示します。

    • [Current Resource] (現在のリソース): 現在のファイルで使用できるメッセージをリスト表示します。

    • [Working Sets] (作業セット): 指定されたファイルのセットで使用できるメッセージをリスト表示します。作業セットを指定するには、[Choose] (選択)をクリックします。既存の作業セットからファイルを選択するか、新しい作業セットを作成します。ファイルを選択したら、OKをクリックします。

  4. 既存のメッセージは[Components] (コンポーネント)エリアにリスト表示されます。[Declaration Location] (定義場所)フィールドには、選択されたメッセージが位置する場所が示されます。必要なメッセージを選択して、OKをクリックします。

タスクの結果

これでパーツをメッセージに追加できるようになります。パーツは、メッセージの論理的な抽象コンテンツを記述するための柔軟なメカニズムです。詳細は、パーツをメッセージに追加をご覧ください。