ジョブをリモートで実行 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talend Studioでは、Talend Administration Centerに接続されていれば、作業中のプロジェクトがローカルでもリモートでも、ジョブをリモートのJobServerにデプロイして実行できます。

リモートプロジェクトで作業していて、StudioがTalend Administration Centerから切断されている場合、JobServer設定を取得できず、Studioで手動で設定することはできません。これによりジョブはリモートでは実行できなくなります。

始める前に

以下のことを確認します:

  • JobServerの設定が、Studioで正しく定義されていること。

    ローカルプロジェクトの場合は、Talend Studio[Preferences] (環境設定) > Talend > [Run/Debug] (実行/デバッグ) > [Remote] (リモート)ウィンドウでリモートJobServerの詳細を設定します。

    リモートプロジェクトの場合は、Talend StudioTalend Administration Centerに接続していることをチェックしてください。StudioがTalend Administration Centerに接続している場合は、JobServer設定が自動的に取得され、読み取り専用となります。

    StudioがTalend Administration Centerから切断されている場合は、JobServerの設定を取得できず、手動で設定することはできません。

  • エージェントがリモートJobServerで実行中であること。

Talend StudioJobServerの詳細を設定する方法については、リモート実行の設定([Talend] > [Run/Debug] (実行/デバッグ))をご覧ください。

手順

  1. Talend Studioデザインワークスペースの[Run] (実行)ビューに移動します。
  2. [Run] (実行)ビューで[Target Exec] (ターゲットの実行)タブをクリックします。
  3. 該当するリモートJobServerをリストから選択します。

    Talend Administration Centerに接続している状態でリモートプロジェクトの作業を行っている場合は、負荷分散のために、ジョブの実行にどの物理サーバーを使用するかをTalend Administration Centerが判断できるように、仮想サーバーを選択することを推奨します。

  4. いつもと同じように[Basic Run] (基本実行)タブの[Run] (実行)ボタンをクリックし、サーバーに接続してデプロイしてから、現在のジョブを一度実行します。
    注: 接続エラーが発生した場合は、エージェントが実行中であること、ポートが利用可能であること、サーバーIPアドレスが正しいことをご確認ください。
    ジョブ実行中にJVMリソースの使用状況を監視する場合は、[Memory Run] (メモリ実行)タブの[Run] (実行)ボタンをクリックして、指定したJobServerでジョブを実行することもできます。リソースの使用状況の監視を有効にする方法についての詳細は、リモート実行の設定([Talend] > [Run/Debug] (実行/デバッグ))をご覧ください。