Oozie経由でジョブの実行をスケジューリング(非推奨) - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Real-Time Big Data Platform

手順

  1. デプロイメントパスがまだ定義されていない場合は、ジョブをデプロイするHDFSサーバー上のパスをOozieスケジューラー[Path] (パス)フィールドに、入力します。
  2. [Oozie scheduler] (Oozieスケジューラー)タブの[Schedule] (スケジュール)ボタンをクリックして、スケジューリングの設定ダイアログボックスを開きます。
  3. [Frequency] (頻度)フィールドに整数を入力し、[Time Unit] (時間単位)リストから時間の単位を選択して、ジョブの実行の頻度を定義します。
  4. [Start Time] (開始時間)フィールドの横の[...]ボタンをクリックして、[Select Date & Time] (日時の選択)ダイアログボックスを開き、ジョブの実行を開始する日、時、分、秒の値を選択して[OK]をクリックします。同様に、ジョブの実行の終了日時も設定します。
  5. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、スケジュールを設定したジョブの実行を開始します。
    ジョブは、定義したスケジュールのパラメーターに従って自動的に実行されます。ジョブを停止するには、[Kill] (強制終了)をクリックします。