外部キー情報の表示形式を設定する - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

Talend Studioでは、Talend MDM Web UIで使用できる場合は、読みやすくするために外部キー情報の表示形式をカスタマイズできます。デフォルトでは、外部キー情報内のエレメントは、' - 'で連結された状態で表示されます。

始める前に

データモデル、ビジネスエンティティおよびデータモデルの属性が作成済みであること。詳細は、データモデルの作成データモデルにビジネスエンティティを作成ビジネスエンティティへの属性の追加をご覧ください。

このタスクについて

次のシナリオは、MDMデモプロジェクトがインポート済みで、Talend MDM Web UIで外部キー情報(ProductFamily)の表示形式をカスタマイズしようとしているという想定です。Productデータモデルには、Product、ProductFamilyおよびStoreというエンティティが含まれています。Productエンティティには外部キーエレメントFamilyが含まれていて、このエレメントはProductFamilyエンティティにリンクされています。デフォルトでは、外部キー情報の1例が1-Literatureとして表示されています。

外部キー情報を設定するには、以下のようにします:

手順

  1. データモデルエディターでProductエンティティを展開し、Family属性に移動します。
  2. Familyを右クリックし、[Set the foreign key infos] (外部キー情報の設定)を選択します。
    ダイアログボックスが表示されます。
  3. [Set the Foreign Key Infos] (外部キー情報の設定)ダイアログボックスで[...]ボタンをクリックし、ダイアログボックスを開きます。ここでは、外部キー情報の表示形式をカスタマイズするために使用するエレメントを選択できます。
  4. [Add] (追加)をクリックしてエレメントを追加し、ダイアログボックスを閉じます。
  5. [Set the Foreign Key Infos] (外部キー情報の設定)ダイアログボックスで[+]ボタンをクリックし、選択したエレメントをxPathsエリアに追加します。
  6. [Format] (形式)エリアで、Talend MDM Web UIに外部キー情報を表示するために使用する形式をカスタマイズする式を入力します。
    この例では、以下を入力します: "ID: "+ ProductFamily/Id + " && Name: " + ProductFamily/Name
  7. OKをクリックして[Set the Foreign Key Infos] (外部キー情報の設定)ダイアログボックスを閉じます。
    新たに定義した外部キー情報が、Familyエレメントの[Annotations] (注釈)ノードの下に表示されます。
  8. キーボードのCtrl + Sを押し、変更を保存します。
  9. データモデルをMDMサーバーにデプロイし、変更を確定します。項目をMDMサーバーにデプロイする方法は、リポジトリー項目のMDMサーバーへのデプロイをご覧ください。
    これで、外部キー情報はTalend MDM Web UIで使用できる時はいつでも、カスタマイズされた形式で表示されます。