レポートツールへのパスの設定 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

レポートツールにリスト表示されているテンプレートを開き、必要に応じて編集できるように、StudioでJRXMLツールを設定できます。

始める前に

  • Profilingパースペクティブを選択済みであること。
  • レポーティングツールをダウンロード済みであること。
重要: 使用しているデータクオリティのStudioのバージョンと互換性があるバージョンのレポーティングツールをダウンロードします。互換性があるバージョンの詳細は、Talend StudioでJRXMLテンプレートを使用をご覧ください。

手順

  1. メニューバーで、[Help] (ヘルプ) > [Configure reporting tool] (レポートツールの設定)とクリックします。
    レポートツールウィザードのダイアログボックスが表示されます。
  2. [Browse] (参照)をクリックして、レポートツールフォルダーの実行可能ファイルへのパスを設定します。
    注: リスト表示される実行可能ファイルは、オペレーティングシステムにより異なります(.exe、.bat、.sh、ireport)。
  3. [Finish] (終了)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    確認のメッセージが表示されます。
  4. OKをクリックして、メッセージを閉じます。
  5. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー) > [JRXML Template] (JRXMLテンプレート)と展開します。
  6. リストされているテンプレートのいずれかをダブルクリックします。
    テンプレートはレポートツールで開きます。
  7. テンプレートを編集して保存します。
    Studioでテンプレートがアップデートされます。