属性への注釈の設定 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

始める前に

データモデル内にビジネスエンティティと属性が作成済みであること。詳細は、データモデルにビジネスエンティティを作成ビジネスエンティティへの属性の追加をご覧ください。

このタスクについて

データモデルエディターを使用することで、ビジネスエンティティ内の属性に特定の注釈を追加する処理が非常に簡単になります。

注釈により、属性へのWebインターフェイスアクセスに関するロールの認証を定義できます。また、言語固有のラベル、外部キーとプライマリキー、多言語の説明、その他に関連する表示の問題を定義できます。

以下のテーブルでは、ビジネスエンティティ内の属性に追加できる注釈について説明しています。

オプション

説明

[Set the Descriptions] (詳細を設定)

ビジネスエンティティ内のさまざまな属性に多言語の説明を加えます。

[Set the Labels] (ラベルを設定)

データモデルのビジネスエンティティ内の属性にさまざまな言語でラベルを設定します。

[Set the Foreign Key ] (外部キー情報の設定)

1つの属性を別の属性に、またはビジネスエンティティにリンクします。詳細は、外部キーフィルターの追加: エンティティどうしのリンクをご覧ください。

注:
  • プライマリキーにはintegerを指定できますが、外部キーは常にstringにする必要があります。サーバーでは、複合キーをサポートするために、外部キーが角かっこで囲まれます。

  • 外部キーは、単純型エレメントにのみ適用できます。

[Set the Foreign Key Filter] (外部キーフィルターの設定)

関連するエレメントの標準xpath述語を使用して現在のレコードから抽出された値で、外部キーをフィルタリングします。詳細は、外部キーフィルターの追加をご覧ください。

[Set the Foreign Key Infos] (外部キー情報の設定)

外部キーに関連するデータを表示します。詳細は、外部キー情報の表示形式を設定するをご覧ください。

[Set the Roles with Write Access] (書き込みアクセス権のあるロールを設定)

選択したエンティティに書き込みアクセス権を付与します。詳細は、属性レベルでアクセス制御を定義(アクセス制御の注釈)をご覧ください。

[Set the Roles with No Access] ([権限なし]のロールを設定)

1つまたは複数のロールについて、選択した属性に対するアクセスを拒否します。

[Set the Visible Rule] (表示ルールを設定)

Talend MDM Web UIで、選択した属性をデータレコードにおいて非表示/表示のどちらにするかを定義します。

[Set the Default Value Rule] (デフォルト値ルールを設定)

選択した属性のデフォルト値を定義し、ビジネスユーザーがTalend MDM Web UIを使用して新しいレコードを作成した時に自動的に表示されるようにします。詳細は、エレメントのデフォルト値ルールを設定をご覧ください。

[Set the Workflow Access] (ワークフローアクセスを設定)

選択した属性に関連付けられたワークフローに介入する1つまたは複数のロールに対するアクセス権を付与します。ワークフローの詳細は、ワークフロー(非推奨)をご覧ください。

[Set the Facet Message] (ファセットメッセージを設定)

多言語ファセットエラーメッセージを設定します。

[Set the display format] (表示形式を設定)

Talend MDM Web UIでマスターデータレコード内の特定の言語、日付、または数値を表示したり、そこに挿入したりする際の形式を決めます。

日付/数値フォーマットを定義するには、java.util.Formatterクラスに基づく構文を使用する必要があります。このクラスの詳細は、Oracleのドキュメンテーションをご覧ください。

表示形式の設定方法の例は、日付と数字の表示形式の設定をご覧ください。

上記の注釈をビジネスエンティティ内の属性に追加すると、[Annotations] (注釈)ノードが[Data Model Entities] (データモデルエンティティ)パネル内の属性に追加されます。このノードには、選択した属性に追加されるすべての注釈がリスト表示されます。

ビジネスエンティティ内に作成する属性に注釈を設定するには、以下のようにします:

手順

  1. [Data Model Entities] (データモデルエンティティ)パネルで、注釈を追加する属性を右クリックします。
  2. コンテキストメニューで、選択した属性に適用する注釈を選択します。
    選択した注釈オプションに対応するダイアログボックスが表示されます。
    たとえば、選択した属性に別の言語のラベルを設定するために[Set the Labels] (ラベルを設定)を選択すると、次のダイアログボックスが表示されます。
  3. 左側のリストから言語を選択し、右側のフィールドにラベルを入力します。
  4. 右上のアイコンをクリックし、定義済みのラベルを[Language/Label] (言語/ラベル)リストに追加し、OKをクリックして変更を確定し、ダイアログボックスを閉じます。
    設定された注釈が選択した属性の下に表示されます。
  5. ツールバーの保存アイコンをクリックするか、キーボードでCtrl + Sを押して、変更を保存します。

タスクの結果

[Set the Role with Write Access] (書き込みアクセス権のあるロールを設定)の方法の注釈については、詳細な例が属性レベルでアクセス制御を定義(アクセス制御の注釈)に示されています。