ルートレットにコード依存項目を設定 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

カスタムBean Jar、ルーチン、カスタムルーチンjarのいずれかにどのファンクションでも呼び出せるようにルートレットを有効にしたい場合は、ルートレットにコード依存項目(つまり、カスタムBean Jar、ルーチン、カスタムルーチンjar依存項目のいずれか)を設定する必要があります。

Talendが提供するR2021-03以降のStudioマンスリーアップデートをインストール済みである場合のみ、ルートレットにカスタムBean jarとカスタムルーチンjar依存項目を設定できます。

ルートにルーチン依存項目を設定するのと同じ方法で、ルートレットにルーチン依存項目を設定できます。詳細は、ルートにコード依存項目を設定をご覧ください。