各ストリーミングチャンクで使用されるMB数をTalend Data Mapperで指定 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Talend Data Mapperを使用して作成したマップを含み、データストリーミングを行うジョブを実行している時に、各ストリーミングチャンクで使用されるMB数を指定できます。デフォルトは10MBですが、変換に充てるメモリを増やす余裕があればこの数値を増やすこともできます。

手順

  1. [Run] (実行)ビューの[Advanced settings] (詳細設定)タブで、[Use specific JVM arguments] (特定のJVM引数の使用)チェックボックスをオンにします。
  2. [New] (新規)ボタンをクリックし、[Set the VM Argument] (VMの引数の設定)ダイアログボックスが開いたら、使用する引数を入力します。
    たとえば-DTDM_STREAM_MEMORY_LIMIT=20を使い、20MBのチャンクでストリーミングします。
  3. OK をクリックして、この引数を追加します。