ステップ2: Oracleの再実行/アーカイブログモードによるソーステーブルの識別 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

キャッチするテーブルを識別するには、監視対象のデータベースのデータベース接続を右クリックして[Retrieve schema] (スキーマを取得)を選択し、リポジトリー内のソーステーブルスキーマを取得しロードします。

この例では、ソーステーブルはidnameageという3つのカラムを含むclientです。